본문 바로가기 주메뉴 바로가기 하단 바로가기

イルサン病院


Home > 公団紹介 > イルサン病院

イルサン病院

イルサン病院は国民健康保険公団で運営する国内唯一の保険者直営病院として、良質な医療と丁寧なサービスをもとに国民の保健向上と健康保険モデル病院としての役割遂行のため、地上13階、地下5階、病床数818病床の規模で、先端医療装備及び施設を備え、2000年3月3日開院しました。

設立目的

イルサン病院は保険者直営病院として加入者の医療利用便宜を図り、地域社会の保健医療需要を満たすと同時に臨床医学研究と健康保険全般の各種調査分析を通じて国民保健医療水準の向上と医学及び健康保険制度の発展に寄与することを目的としています。

健康保険モデル病院、公共医療中心病院

政策資料算出
健康保険報酬価評価
適正診療水準提示
政府政策事業遂行
適正医療サー
ビスの提供
療養給与基準遵守
標準診療指針開発
患者中心の病院運営
公共医療サービ
ス提供
政府保健医療事業参加
社会的弱者の医療支
援事業推進
医療協力体係構築

設立背景及び趣旨

21世紀の医療環境は医療欲求増加、老人人口増加、疾病構造の変化により、新たな医療サービス環境と病院運営モデルの提示が切実に求められ、共益的次元で新たな医療サービスと運営体系を開発・適用する保険者職員病院の必要と医療サービス脆弱地域である京畿西北部地域に良質の医療サービスを提供するため、京畿道高陽市に開院しました。

病院の主な特徴

建物、物流、検査、薬局などオぺレーティングシステム導入と、総合情報システムの構築を通じた患者待機時間の短縮及び診療便宜を図る

 
  • 延世大学との人材及び技術協力により、安定した高級医者人材の確保が可能
  • 国内初の4人病室を基準病室として採択し、家庭のような快適かつ心地よい雰囲気づくり、患者に心理的安定感を与え初期治療効果を図る
  • 葬儀場を直営することで、非営利施設のサービス提供により公共病院としてのイメージ向上
  • 来院患者が利用しやすい広い駐車空間(1,251台)を確保
  • 最新設計による建物構造(中庭及びアトリウム設置)で内部のどこからでも自然採光と換気が可能で、保険者直営病院としての親切なサービス提供と合理的な医療費算定により患者中心の病院を具現